地域に密着したネットワークの形成

地域に密着したネットワークの形成

『ふうりん』は、関係区市町村、地域の保険・医療福祉サービスとの密接な連携および関係強化を図り、総合的なサービスが提供できる体制づくりに取り組んでいます。

障害福祉では『相談支援事業所』を中心として、地域包括ケアのネットワーク※の形成(どこに住んでいても適切な医療・介護サービスが受けられる社会の実現)が更に重要になってきています。

※地域包括ケアネットワークとは、在宅医療や訪問介護、重度化予防、日常的な生活支援などに従事する『多職種の機関が連携』し、1人のご利用者様に対して包括的なサービスを提供する仕組みです。

ご利用者様とコミュニケーションをとることから始まるように、関係機関とも『コミュニケーション』が大切だと考えています。

『ふうりん』は、地域包括ケアのネットワークの形成という目的意識を持って運営しています。